心理カウンセラー講座の選び方。本では分からない現場のパワーとは

心理カウンセラー講座

こんにちは。心理カウンセラー、クリスタルボウル奏者の大内です。

高田馬場駅前サロンを運営、14年目となります。

こちらのブログは、心理学関連の記事が中心となっています。

それと他にもう1つ、クリスタルボウルという楽器の癒し関連記事中心のブログ(高田馬場駅前サロン)との2本立てで、

生活、人生に役立つ、有益な記事となるよう毎日、記事を更新中です。

いま人気の心理学。大学の専攻でもかなりの倍率となるほどです。

ところで、皆さんがもつ心理学のイメージとはどのようなものでしょうか?

やらなきゃがなくなると

やりたいことに取組みやすくなりますね

自分に合っていない心理学を勉強しても心理カウンセラーにはなれない

心理カウンセラー講座の選び方。本では分からない現場のパワーとは
かつて私は心理学といったら面白そうなイメージで、勉強をすると人の心とか分かるのかな?悩みも減るのかな?くらいに思っていました。

実際に、私が学んだ心理学は大学で学ぶようなものではなくアメリカで産まれたものなのですがちょっと自己啓発寄りといいますか、明日からすぐ使える心理学という感じで、日常に活かせるような心理学といわれるものでした。

心理カウンセラーは心理学をベースにしていますが、それを扱う分野がたいへん多岐にわたっており、どこで使う心理学なのかによって、使う場所に合うようにアレンジをして最適な手法がとられています。

心理カウンセリングの主な目的は悩んでいる人を解決、癒すということですので、その目的がそれぞれの現場で適切な知識と技術に合った果たされればOKということになりますね。

裏をかえせばある悩みにたいして机上の心理学だけでは解決できないことが沢山あるともいえ、その場所に必要であれば心理学以外のものも何でも上手に組み合わせてセッションを行う必要があります。

最初から心理学とは。。についてなんだかくどくてすみません。私が学んだ心理学は明日から使えると書きましたが、明日から使えるとはなにかを具体的にいうと人間関係を円滑にするというものです。

かつての私は人間関係が苦手で苦しんでいました。それを解決するために様々な本や学問を学びましたがどれ1つとして自分には合っておらず、生活や人間関係に変化がなかったということにもなります。



本気で心理カウンセラーになるなら学ぶ「環境」が大切

心理カウンセラー講座の選び方。本では分からない現場のパワーとは
私は大学で心理学を専攻していたら心理カウンセラーになっていない自信?があります。私が学びたいものとずれがあるからです。心理学面白そうだしとりあえず心理学を専攻してみようかな。。ではだめということです。

大学の心理学の講義では本気で悩みを解決したいから心理学を学びに通っている人なんて少ないと思いますので学んでいるうちに自分の目指すものとまわりの環境に違いにギャップを感じてしまうのだと思います。

私が学んできた環境は、悩みが深い人の集まりでした。講義中にわかりやすくドタバタ暴れることもよくありました。私はそれを横目に、そういう人たちを解決してあげるこのできる人間になりたいと思って必死に勉強していたのを覚えています。

しかしあとから気づいたのですが、ドタバタやらなかっただけで、自分も、その人たちと同じように深い悩みをもっていたのでした。それに気づいたのはなんと卒業のときというかなり遅れてではありました。

それくらい、人って自分の悩みに気が付かないものです。自分に合った環境に行くとその学びに自然と興味がわいてくるものです。しかし実際に出向いてみないと興味も、合っているかも分からないと思います。

現場で体感してこそ分かる心理カウンセラーに必要とされるエネルギー

ぎゃー、わーと泣き叫ぶ人たちを心理カウンセラーとして冷静かつ適切に解決していくことのできる心理カウンセラーの先生。そんな先生のように悩んでいる人を解決することができたらと強い憧れを持ちました。

悩みはどうしたら解決できるのか。単に教科書上の学問を勉強するには留まることのないエネルギー、パワー、命、心の叫びを感じながら将来心理カウンセラーになるために必要な知識や技術を一言一文字ももらさなぬと吸収していきました。

心理カウンセラーになるにはリアルな現場で心理カウンセリングをみさせてもらうのがベストで、早いです。その手法が自分に合っているかどうかが一瞬でわかりますし、それをもとに学び舎を決めるとよいと思っています。

心理カウンセラーの勉強が自分の目的に合っているかどうかは体験してみないと分からない

十数年前、私が心理カウンセラーに体験会に行った時は本当に食わず嫌いといいますか、怪しいと思っていましたのでイヤイヤながら連れていかれたのを覚えています。

自分の悩みを解決したくて本も沢山読みましたし、心理学の知識の多さと現実に役に立てることのあきらめからどうせ。。という想いがあったのでしょう。

しかし体験会に行った時にガツーんと衝撃を受け、自分に合っていることが確信でき、これなら現実に役に立つ勉強ができると理解できました。

私が1番ほしかったのは、心理学を現実に活かすことのできる知識や技術だったということに気づけたのです。

あのとき体験会に行っていなかったら私は普通にサラリーマンをしていたでしょうし、悩み多きといいますか悩んでいることすら気づかず生きていたことでしょう。

もしあなたが心理カウンセラーになりたいなら体験会に参加してみないと何も、始まらない

私のおすすめはヒューマンアカデミーの心理カウンセラー講座です。ぜひいちど気軽に体験してみてください。

思い立ったら考えず即行動。こちらから、資料請求、予約をすることが可能です。



合っているかどうかはインターネットの情報からはわかり得ません。私が感じたエネルギー、パワーはリアルな場で体験してこそ体感できるものと思っています。

心理カウンセラー講座にも本当にいろいろありますので全ては自分の目でみて確かめ、自分で判断、選択することが大切です。

最後に、心理カウンセラーと同じく14年間やっているクリスタルボウルセラピストの観点からだと

このテーマはどのような深み、広がりとなるのか?気になる方はこちらの別ブログの記事もあわせてお読みください。

それでは、今日はこのへんで。

最後までお読みいただきありがとうございました。



人気記事心理カウンセラーとして独立するなら知っておきたい3つのこと