【自分のビジネスのルール】自分のビジネスのゴールは自分で決める

お金 仕事の問題 心理学 独立

こんにちは。心理カウンセラー、クリスタルボウル奏者の大内です。

高田馬場駅前サロンを運営、14年目となります。

こちらのブログは、心理学関連の記事が中心となっています。

それと他にもう1つ、クリスタルボウルという楽器の癒し関連記事中心のブログ(高田馬場駅前サロン)との2本立てで、

生活、人生に役立つ、有益な記事となるよう毎日、記事を更新中です。

今日はツイッターでこういうツイートをしました。

少年サッカー時代

自分が絶対ゴールできるって分かっていても

ヘイ!まわせって言葉にすぐパスしちゃう人でした

自分の人生のゴールは、自分で決めるべき

皆さんは自分ができることが分かっていてもヘイ!まわせ!こっちよこせ!と言われたら譲ってしまうタイプですか?

ツイートのように以前私はパスしてしまうタイプでしたが、今は絶対にパスしません笑

その違いはなぜか?以前は自分のなかにルールがなかったのでただ人生を生きているだけ、

いまは結果を最優先させるという自分のなかに絶対的なルールがあるからです。

ビジネスシーンにおいてもこの自分ルールは大いに役立ちます。ビジネスではなにより、結果が大切です。

ゴールを決められなければ一生ビジネスで成功することはないからです。

そんな私の自分のルールはいくつかありますが今日はそのうちの1つと自分のルールについて少し考えてみたいと思っています。



【自分のビジネスのルール】他人の準備を自分も一緒になってやらないようにする

【自分のビジネスのルール】自分のビジネスのゴールは自分で決める
ビジネスシーンにおいて、ひとまず考えてから、いつか用意や準備ができたら。。と言ってなかなか始めない人がいるのですが

私はそういう人とは一緒にやらないようにするというルールを自分のなかで決めています。

その人もいろいろ考えているのでしょうし気持ちも分かるので無視はせず、さらっとお返事するくらいにして対応しています。

いろいろ考えている時間に一緒になって考えていても自分の時間の無駄なんですね。自分の貴重な人生の時間をその人に奪われているだけなのです。

なかなか始めない人がわるいわけではなく、一緒に合わせている自分がわるいのです。

それが理解できるまで、といいますか自分のなかでしっかりとした自分ルールが出来上がるまで結構時間がかかりました。

気が付かないと延々と、人の準備に付き合わされることになってしまいます。

何度か失敗してみて分かったのですが、考えてからする、準備ができたらするという人は行動しない人だからです。

ビジネスチャンスはその瞬間にくるアツいエネルギーなので、何年か先にやります!と言われても

こちら側としても何の話でしたっけ?。。という感じになってしまいお互いうまくいくことがないのです。

さらに言うとなかなか始めない人に愚痴を言ったり責めたり批判する人とはもっと、付き合わないと決めています。

人はそれぞれ。ただ自分のなかできちんとしたルールを決めて自分と相性が合わないと思う人とは付き合わなければいいだけなのです。



自分のビジネスのルールって必要なの?

【自分のビジネスのルール】自分のビジネスのゴールは自分で決める
自分が決めたルールは絶対に必要です。それを破ったら終わりくらいに思ったほうがいいです。

自分のルールはいいものと悪いもの2つがあって、悪いものでいうとこだわりのようなものですね。自分の考えに固執してしまって動かない動けないのは悪いルールです。

ことビジネスにおいては行動が大切ですが自分にルールがないと、発言も、行動もブレブレになってしまい八方美人で自分がない、ということになり行動に結びつかないのです。

あの人、何考えているか分からないよね。。なるべくそう思われないよう普段自分が何を考えているのか、

内面を表面化するツイッターやブログのように自分の考えを発信する場を設けることは必要だと思っています。

人から意見を言われたときに自分はこう思いますと即答できる人は自分を持っている人です。

ビジネスで独立を目指している人ならとくに、自分の考え方が無く人に合わせてしまう人はうまくいかないと思っています。

自分ルールをもっていたとしてもコミュニケーションの場において他人の意見にたいして自分の意見と違った場合、それ違う!と即言ってしまうのもだめだと思っていて

でも、だってより

いいね、OK!を口ぐせに

あれもいいですね、これもいいね、、と、ひとまずOKをだしてから、でも自分はこうも思っていますと伝えるとベターです。

ビジネスも結局は一人でだけは成し得ず、意見の違った人たちとの交流、付き合いから産まれるものなので人とのコミュニケーションは大切です。

自分のルールをしっかりと持ちながら発信することを忘れず、沢山の人との潤沢なコミュニケーションの関わりのもと結果の出るビジネスが産まれます。

最後に、心理カウンセラーと同じく14年間やっているクリスタルボウルセラピストの観点からだと

このテーマはどのような深み、広がりとなるのか?気になる方はこちらの別ブログの記事もあわせてお読みください。

それでは、今日はこのへんで。

最後までお読みいただきありがとうございました。


人気記事心理カウンセラーとして独立するなら知っておきたい3つのこと