ずぼらな心理カウンセラーでもできた自分の性質に基づくダイエット法

健康 心理学

こんにちは。心理カウンセラー、クリスタルボウル奏者の大内です。

高田馬場駅前サロンを運営、14年目となります。

こちらのブログは、心理学関連の記事が中心となっています。

それと他にもう1つ、クリスタルボウルという楽器の癒し関連記事中心のブログ(高田馬場駅前サロン)との2本立てで、

生活、人生に役立つ、有益な記事となるよう毎日、記事を更新中です。

いつも忙しくやるべきことが多く忙しくなくてはおちつかない現代人

私はよく、忙しいのにマメですね。。と言われます。

実は私マメだとは思いますが、人一倍ずぼらで怠け者です。

私などより忙しくて努力家、すごい人は沢山います。

忙しいのが当たり前、忙しくしていないと落ち着かない世の中なのかもしれません。

普段の生活がやることで忙殺されていて、自分のことさえふりかえり考える余地のない毎日。

逆に言えば、忙しい人が暇になると何もすることがないといいます。

たとえ時間ができ自分のことをゆっくり見てみても答えは見つからず、ついにはやはり自分を忙しくしていないと落ち着かなくもなります。

ずぼらな私にはダイエットを始める=太ることが確定?

ずぼらな心理カウンセラーでもできた自分の性質に基づくダイエット法

ずぼらな人が苦手なものは、やるべきことです

ずぼらな人はまずやるべきこと、やらねばならないことを皆無にすることです。

そんなのあるわけないという声も聞こえそうですが、ないと決めてしまったり思っていたらやはりできないものですよね。

全ては自分の心や意識がけ次第で、現実は驚くほど変化していきます。

ずぼらとは、ちょっと表現があれですが。。しなれければいけないことが嫌いな人は嫌いなことをなくすことにかぎります。

ダイエットにしても筋トレにしても。。やるべきこと、しなければいけないことと捉えているひとには、そういうものになり得ます。

筋トレなどの努力は間違いなく大切です。努力を自らやりたい、したいと思うことであれば人はきっと、自然とやるのだと思います。

ただ、やりたいという気持ちがいつか、やらねばいけないという気持ちに変わることを知っていると、

いつかやりたくないという気持ちが勝ってしまい、挫折することが目に見えているのでやらないほうがよいのです。

なのでずぼらで筋トレをしなければならないと捉えている人がよし!と筋トレを始めたばかりに、将来太るということがすでに確定してしまっているということになります。

ずぼらな人は筋トレして筋肉がついてもやめたときに一気に元よりも脂肪がたまりやすくなる身体になってまうのです。

いつかやめることが分かっているものは、やめたほうがいいということになると思います。

ずぼらな人にはずぼらな人に合っているやり方がある

ずぼらな心理カウンセラーでもできた自分の性質に基づくダイエット法
リバウンドの真の意味はダイエットをやめたことによる反動を意味しますので、やめることさえなければリバウンドにはならないのです。

筋トレしてダイエットを試みる人は何年も毎日継続、もしくは一生続けるくらいの覚悟がないとリバウンドしてしまうとと思います。

筋トレの継続が苦ではなくずっと楽しめる人にはいいですよね。

私のようなズボラなタイプの人はきっとだめ人間などではなく、自分の性質をきちんと理解して自分の性質と上手に付き合えばよいだけなので

ずぼらな人はやらねばいけないことはすぐ飽きてしまうので、やらねばいけないことを徹底的に排除すればよいだけなのです。

エステ体験で目指せ!合計-8cmやせる【エルセーヌ】

そこで、ずぼらな私が自分なりに編み出した方法は、日常のいたるところに「仕掛ける」ながら運動です。

ずぼらな心理カウンセラーでもできた自分の性質に基づくダイエット法
自分の導線に罠をしかけるみたいな、罠にかかっていても継続していることにも気づかないレベルのような感じです。

  • 歯磨きをしながら
  • シャワーを浴びながら
  • 掃除をしながら
  • 洗濯をしながら
  • 食事をしながら
  • 仕事しながら
  • お皿を洗いながら
  • 歩きながら

何をするかというと

  • いつもよりちょっと減らす
  • いつもよりちょっと増やす
  • ちょっとした運動を取り入れる
  • ちょっとしたストレッチを取り入れる
  • ちょっと早く動く

のようなもので、具体的には

  • ご飯を食べながら。。ちょっと残す、取っておく
  • 歯磨きしながら、シャワーを浴びながらふくらはぎの上げ下げ運動をする
  • 仕事しながら、ストレッチやスクワットをする
  • 歩きながら、お腹を凹まして背筋を上に引き上げる

など。自分にはあれがない、どうせ続かないを全て逆手にとってずぼらだからこそしたいことを見い出します。

できないと思うのではなく、自分の性質と上手に付き合いながらやりやすく続けることが必ずあります。



ずぼら流ダイエット法:最も大切なのは毎日、ちょっとずつ続けること

ずぼらな心理カウンセラーでもできた自分の性質に基づくダイエット法
また、何より大切なのは毎日、続けることです。

たまに気が向いたらジムに行くなどの人よりも毎日ちょっとずつ続けている人のほうが効果が出やすいです。

もちろん、毎日走っていたり、筋トレを続けているストイックな人にはかないませんが。。

そこまで求めていないのであれば、自分の理想の体型に近づくことは目に見えて可能だと思います。

ダイエットは自分の性格、性質、特徴をよく理解したうえで、はじめましょう。

ポイントはちょっとずつでも毎日、毎日欠かさず続けることができるかどうかです。

私がマメに見えるのは、必要なときに必要な動きができるように、やるべきことを徹底的に排除しているからです。

きっと、私より能力がある人は沢山います。しかしいざというとき自由に動けなければ仕事三昧で忙殺される毎日です。毎日を、自由にさせましょう。

いざというときに動けるように、ずぼらゆえやるべきことを無くしストレスレスで自分に必要で、やりたいと思ったことだけが軽やかにできる毎日をつくり上げましょう。

最後に、心理カウンセラーと同じく14年間やっているクリスタルボウルセラピストの観点からだと

このテーマはどのような深み、広がりとなるのか?気になる方はこちらの別ブログの記事もあわせてお読みください。

それでは、今日はこのへんで。

最後までお読みいただきありがとうございました。



人気記事心理カウンセラーとして独立するなら知っておきたい3つのこと