人生は自分で切り開く。人の弱みにつけこんでくる罠から身を守る方法

お金 心理学 独立

こんにちは。心理カウンセラー、クリスタルボウル奏者の大内です。

高田馬場駅前サロンを運営、14年目となります。

こちらのブログは、心理学関連の記事が中心となっています。

それと他にもう1つ、クリスタルボウルという楽器の癒し関連記事中心のブログ(高田馬場駅前サロン)との2本立てで、

生活、人生に役立つ、有益な記事となるよう毎日、記事を更新中です。

人生を歩んでいると様々な危険な罠が存在しています。

私たちはその罠からしっかりと自分や家族、大切なものを守らなけれないけません。

  • 甘い話には罠があるor裏がある
  • 無料(タダ)ほど怖いものはない
  • 人生そんな甘い話などない
  • 簡単に手に入るものほど怪しい

私自身は。。そのとおりだと思っております。

もちろん、簡単に利益がでたり、いいことがあったり。。そんなこともあるかとは思いますが

私は、今までに経験した覚えがありません。

しかし、甘い話には散々、損をしたという経験なら沢山もっています。

苦い経験をふまえつつも、

これからの人生にはどんな罠が潜んでいるのか?どうやって身を守ったらいいのか?を考えていきたいと思います。

不器用なもので同時にいくつもできず

1つか2つくらいしか、できません

しかし1つか2つしかできないことが

かえって強みとなることだってある

人の弱みにつけこんでくる罠から身を守る方法

人生は自分で切り開く。人の弱みにつけこんでくる罠から身を守る方法
そもそも、人の弱みとはどのようなものでしょうか?

  • お金がない
  • 出会いがない
  • 身体の悩み

などひとそれぞれだと思うのですが。。

私はいま、以前よりは、そこそこ強くなりなんとなく弱みといわれるものが少なくはなっているので、

あまり、弱みに付けこまれることがなくなりました。すでに自分がもっている情報は必要ないからですね。

しかし以前は無い無いずくしでしたので、よくひっかかったものでした。

それが勉強代だなんて甘いことはいつまでも言っていられません。

弱みがあまりない人は人から騙されることも必然として少ないと思います

罠にかかるほうが悪い?

人生は自分で切り開く。人の弱みにつけこんでくる罠から身を守る方法
騙されるほうが悪い、そんなフレーズも聞くこともありますが私は、その言い方はなんだかおかしいなと思っています。

正直者がばかをみるようなことは極力少なくしたいと願ってもいます。

そのためにはいち早く、自分が強くなることが大切です。

世の中にある無数の情報を私たちがしっかりと見極める必要がありますが

簡単に分かってしまったらそれは罠ではありませんよね。罠は罠とわかりにくいものです。

自分に無いものがあって甘い話が必要でそちらに気がむいてしまう。

もともと、あなたが最強なら甘い話など見向きもしないでしょう。

罠は弱い者だけがかかるもの

人生は自分で切り開く。人の弱みにつけこんでくる罠から身を守る方法
甘い言葉、広告に営業。。様々な誘惑が弱い者から何かを奪おうとしています。

強いものに行っても必要とされないので相手にもされないからです。

弱みにつけ込んでくる罠にたいして自分を守る唯一の方法は自分が強くなることです。

自分が強くなるとは、様々なものを手にするということもそうではありますが、いつになったら私たちは強くなれるでしょうか。

もし今の自分には何もない場合、弱いと感じている場合は美味しい話には気を向けず乗らないほうが身のためです。

人生甘い話なんてない

人生は自分で切り開く。人の弱みにつけこんでくる罠から身を守る方法
人生には簡単に上手くいくような美味しい話などはそれほど、ないはずです。

いま自分が弱いかなと感じている人は自分の意思をしっかりと持って搾取されないほうに気を強く持ちましょう。

搾取とは、様々なものをさしますが、お金などだけではなく、時間、信用、などいろいろです。

あなたは今、何がなくて何がほしいですか?

もし該当するものがいくつかあるとすればそれはまだ自分が達成しきれていない弱みを持っているということでもあります。

人の弱みにつけ込んでくる罠から身を守る方法とは、自分が強くなること、甘い話などないと信念を持つことが大切です。



人生は自分の力で切り開くもの

人生は自分で切り開く。人の弱みにつけこんでくる罠から身を守る方法
人生は自分の力で切り開くものです。それ以外、あるでしょうか。

誰かに切り開いてもらおうとしていた以前の自分が甘かったですしばかだったなと思います。

そう、人生を自分の力で切り開くためには弱い心じゃだめで強い心を持つべきです。

結果がなくても上手くいかなくても他人があなたのその弱い部分をどれだけ親身に世話して上げてくれるでしょうか。

きっと、そんな暇はないはずです。甘い話があったとしても、ぽんと置いていくだけのもの。

結局はそれを使ってどんどん自分のものにしていくには自分の強い信念、心があってこそです。

人生は誰もあなたの人生をお世話してくれようとしてくれるものでないとしたら、今できることは

甘いほうに行こうとしている自分を律して、あちこち目をむけず、ひたむきにたった1つや2つの目の前のことを

懸命に頑張ることではないでしょうか。

最後に、心理カウンセラーと同じく14年間やっているクリスタルボウルセラピストの観点からだと

このテーマはどのような深み、広がりとなるのか?気になる方はこちらの別ブログの記事もあわせてお読みください。

それでは、今日はこのへんで。

最後までお読みいただきありがとうございました。



人気記事心理カウンセラーとして独立するなら知っておきたい3つのこと