独立開業しやすい仕事とは。資格0能力0コスト0でかなえる独立

独立

こんにちは。心理カウンセラー、クリスタルボウル奏者の大内です。

高田馬場駅前サロンを運営、14年目となります。

こちらのブログは、心理学関連の記事が中心となっています。

それと他にもう1つ、クリスタルボウルという楽器の癒し関連記事中心のブログ(高田馬場駅前サロン)との2本立てで、

生活、人生に役立つ、有益な記事となるよう毎日、記事を更新中です。

そこだけを間近で見たら大きくみえる

同じものを宇宙からみたら小さなもの

独立開業しやすい仕事は、資格、免許などがいらない仕事

独立開業しやすい仕事
独立開業を目指している人の1番のネックは、走り出しではないでしょうか。

独立したいと思っているけど、能力も資格もないのにいったい何で独立したらいいのだろう

そんな考えにふけっているうちにもう何年も経ってしまった。。よくある悩み相談です。

走り出しで迷いがでるのは独立して大丈夫なのかな?と心配する気持ちだと思います

弁護士なら弁護士の資格、医者なら医師免許、ご飯作る仕事なら衛生なんとかという資格を持っていることが必要ですが。。

たとえばの話、心理カウンセラーなどなら資格0で、スタートできます。

あなたが何をしたいか分からないのなら、とりあえずな気持ちで無資格でスタートできる心理カウンセラーとして独立してみてはいかがでしょうか。

その後でやっぱりこういうものが向いているというものが出てきたらそれに変更すればいいだけです。

走り出しのために貴重な時間を無駄に浪費しないためにも走り出しの敷居は低く設定しておきましょう。

走り出したあとは走りだして考えればよい

独立開業しやすい仕事
1番大切なのは、あなたのなかにある何かよくわからないけれどふつふつと湧いてくる気持ち。。独立したいという気持ちです。

後先何も考えず走り出したあとのことは、走りながら考えればよいのです。

といいますか走り出さないと分からないことばかりです。

1番だめなのは、考えているだけで何も始めないこと。

心理カウンセラーなら悩みを聞くというそのへんに誰にもあるものが仕事になりますよ。

たいへんそう?難しそう?自分にはむいていないとおもうしできなそう?

しかしあなたも人の悩みの1度や2度相談されたことがあるはずです。

たとえば相手に話しやすかったと言われた、あなただから話せたと言われた。

きっかけはそれだけで、十分です。

最初から何でもできちゃう人なんて、どんな世界のどんな仕事のジャンルでも1人もいないからです。



独立開業しやすい仕事に就いた、そのあとに

独立開業しやすい仕事
独立開業しようと思っている人の1番の心配は、やっていけるかどうか。ではないでしょうか

飲食店にしても、会社にしても場所をもたないといけなかったり、電話をひいたり、人を雇ったり。。

様々必要なものがありそうですが。。

心理カウンセラーという仕事は悩みを聞くだけなのでコストがかからないのが特徴です

心理カウンセラーのスキルは勉強や修行も大切なのですが、リアルな仕事をとおして少しずつ身についていきます。

逆にいえば、勉強ばかりしていては、人の悩みを解決することは絶対にできません。

そのため、様々な悩みの現場を経験することが必須となります。

もし自分にまだ経験や自信が足りないと感じるならば、お金をいただかなければよいだけです。

お金はあなたが与えたサービスの質と量で決まるものなので、

独立したらあなたがこれくらい与えることができるという経験とスキルのもと自由に設定すればいいだけです。

最初は無料で経験させていただくのもテですが、

勉強だけしていてもベースは気づけますが独立はかなわないので

恐れをのりこえてとりあえずな軽い気持ちで現場へ出てみましょう。

不安や恐れより、やってみて楽しい、役に立って嬉しいが勝っていたら独立は成功しているも同然です。

心理カウンセラーは悩みを聞くだけでいいので、場所も必要ありません。

私は今でこそサロンを持っていますが、最初はホテルのラウンジを利用させていただき仕事をしていました。

まずはノーリスクでスタートが簡単に独立開業をしやすい1つの大きな要素といえるでしょう。

独立開業しやすい仕事、あとがき

独立開業しやすい仕事
最後に1つだけ。散々貸し部屋やホテルのラウンジは利用させていただきましたが、

やはり自分の城、サロンを持ったほうがやはり、最終的にはかなり強いです。

力がわきますし、いつでも自由にすることができることはメリットとして大きいです。

最初は全て0からスタート、これで可能です。そしていつか、自分のサロンを持つ夢をかなえましょう。

最後に、心理カウンセラーと同じく14年間やっているクリスタルボウルセラピストの観点からだと

このテーマはどのような深み、広がりとなるのか?気になる方はこちらの別ブログの記事もあわせてお読みください。

それでは、今日はこのへんで。

最後までお読みいただきありがとうございました。



人気記事心理カウンセラーとして独立するなら知っておきたい3つのこと