因縁の意味【知っておくと便利】だれでもわかって人生に生かせる法則

お金 人間関係 心理学

こんにちは。心理カウンセラー、クリスタルボウル奏者の大内です。

高田馬場駅前サロンを運営、14年目となります。

こちらのブログは、心理学関連の記事が中心となっています。

それと他にもう1つ、クリスタルボウルという楽器の癒し関連記事中心のブログ(高田馬場駅前サロン)との2本立てで、

生活、人生に役立つ、有益な記事となるよう毎日、記事を更新中です。

今までの人生、縁をきったことはありますか?

全ての因には果があって
2つを繋ぐのがご縁。

縁を軽んじがちだと果に乏しく
縁を大切にすると豊かな果に恵まれる。

どんなご縁にも意味がある

因縁の意味と法則:自らの都合で平気で切ってしまう人は果実が実らない

因縁の意味
全ての結果には原因があります。

タネを蒔かなければ花も咲くことはない。

釈迦は、因縁は因と果を結びつけるものが縁であると説いたとされています。

因があって果が産まれ、その果からまた因が産まれ。。と続いていきます。その全てを繋ぐものが縁になります。

縁を切る、という言葉がありますが、縁を切ってしまうと今まで長く続いてきたものでもこの先の未来には何も残らず続かずそこで終わりをむかえます。

残っているようで実はただの想い出、枯れてしまっていて無いのです。ただし、縁さえ切らなければ、未来永劫ずっと続いていき、

因は1つではないので、沢山の果が豊富に実っている状態になります。

この縁は意味がなかったと自分の都合で縁を切りまくっていたらいくら因をこしらえても果は貧弱なものです。

果には全て因がある。あなただけに宇宙から与えられた貴重なご縁

因縁の意味
自然界に産まれたタネは自らが咲いてみるまでどんな花が咲くのか咲いてみなければ分かりません。

産まれくる赤ちゃんもどんな大人になるのかは、大人になってみなければ分かりません。

人は果が出る前に因縁の意味を求め「判断」をしてしまいがちです。果をもたらすために因があるわけですが、

果は因には私たちに与えられた学びがあります。

自然界に産まれくるものはどれ1つだめなものはなく、素晴らしいものです。

縁を切るべきものは1つもなく産まれてきた因は果をもたらすために宇宙から私たちに与えられたご縁なのです。



どんなご縁も切らずに大切にする人は未来永劫豊富な果に恵まれる

因縁の意味
そんな宇宙からのご縁を意味があると大切にするかどうかは私たち次第です。

これは私のじゃない、と切り捨ててしまう傾向がある人はまだ見ぬ果を自分で勝手に判断して縁を切ってしまう傾向があります。

私たちに与えられた因は果になってみないと分からないものばかりととらえたほうが、ご縁を大切にできるかもしれません。

すぐに成長するわけではないかもしれません、こんなもの私のではない意味がないと思えることもあると思います。

しかし周りの人を見渡してみてください。どんな人が豊かな果をもたらしているか。

豊かな果に乏しい人の頭のなか>>

  • あんなのは意味がないもう切っちゃおう
  • あの人はこういうところがダメだよね

豊かな果に恵まれる人の頭のなか>>

  • 辛いけどきっと意味がある、おちついていったん考えよう
  • あの人はダメなところもあるけれどこんないいところもあるよね

将来、どちらが豊かな果を産み出すかは、ご想像のとおりです。

それでもこんなの腐れ縁だと思ってしまうあなたに。

因縁の意味
全ての因縁に意味があるって言われても難しいときありますよね。

いまたいへんだったり、辛い気持ちがある人の気持ちははかりしれません。

全てきってしまいたい!そんな気持ちになることだってあります。

そんなに追い詰められてしまったときは、もしできるのであれば思い切って全部きっちゃいましょう。

辛い気持ちというのは、何かを大切にしている証拠です。

1つ1つの因を大切にする余り、想いが強すぎるのです。

あなたがご縁をきるたびに、そこまで育んできたものは誰かがさらっていくものです。

一向に果を受け取ろうとししない自分自身に腹がたっているだけなのです。

みんながあなたに求めてくる、そんな土壌を引っ越すにはいっそ全ての因がなくなってしまえば、

あなたは後ろ髪引かれることなく次の環境へ移行することができるのです。

全てはあなたの人生を人のためではなくあなた人生のものをするためにいま何が必要なのか考えましょう。

因縁の意味、まとめ

因縁の意味
魂は常に成長したいと望んでいます。成長は生きるうえで素晴らし学びです。

因には必ずあなたにとって素晴らしい果をもたらしてくれることでしょう。

2つの要素をつなぐのがまさに、ご縁。因は結果になってみないと分からないものです。

まだ分からないものにたいして私たちに湧き上がってくる感情や思考で切る切らないを自己判断してしまうのではなく

ただただご縁を自分の学びだと思って大切にしましょう。あまり向き合いすぎずに、がポイントです。

もし大切にできなかったら、そんなに考え込まずにとりあえずな気持ちで切らずにぼちぼち置いておきましょう。

本記事を読んでくださったあなたに人生の沢山の豊かな果がもたらされますように。

最後に、心理カウンセラーと同じく14年間やっているクリスタルボウルセラピストの観点からだと

このテーマはどのような深み、広がりとなるのか?気になる方はこちらの別ブログの記事もあわせてお読みください。

それでは、今日はこのへんで。

最後までお読みいただきありがとうございました。



エステ体験で目指せ!合計-8cmやせる【エルセーヌ】

人気記事心理カウンセラーとして独立するなら知っておきたい3つのこと