人生を変える言葉。知ると変わる7つの言葉づかいの極意【後編】

人間関係 心理学

こんにちは。心理カウンセラー、クリスタルボウル奏者の大内です。

高田馬場駅前サロンを運営、14年目となります。

こちらのブログは、心理学関連の記事が中心となっています。

それと他にもう1つ、クリスタルボウルという楽器の癒し関連記事中心のブログ(高田馬場駅前サロン)との2本立てで、

生活、人生に役立つ、有益な記事となるよう毎日、記事を更新中です。

昨日、「人生を変える言葉。言葉1つで人生は豊かに変化する言葉づかいの極意」というタイトルの記事を更新しました。

その記事中で、「人生がうまくいく言葉づかいの極意」ということで以下、7つの極意のうちの1つ「その1:言葉は短くシンプルに伝える〜ツイッターの活用〜」、をご紹介しました。

人生がうまくいく言葉づかいの極意

その1:言葉は短くシンプルに伝える〜ツイッターの活用〜
その2:1オクターブ高音で話す(とくに語尾)
その3:ポジティブに
その4:話す時間帯を選ぶ
その5:相手の感情にうったえる言葉選び
その6:表情は豊かに
その7:ゆっくり話す

また同じく昨日の別ブログの「人生を変える言葉。人生がうまくいく言葉づかいの極意とは。」の記事中にて、

人生がうまくいく言葉づかいの極意、その2:1オクターブ高音で話す(とくに語尾)、をご紹介しました。

今日は人生がうまくいく言葉づかいの極意の続きを書いていきます。前書きが長くなってしまってすみません。

でも、だってより

いいね、OK!を口ぐせに

★ヒューマンアカデミー★

人生を変える言葉づかいの極意【後編】

人生を変える言葉。人生を豊かにする言葉

その3:ポジティブに

こちらも実は前日の記事の冒頭に書かせていただいています。

当然、人生がスムーズにうまくいく人は、まだこれだけあると言っているポジティブ派のほうになります。

ここでは無理に言葉をポテジティブにする必要があると言っているわけではなく、チェックをするためくらいにとらえてください。

人生を変える言葉づかい、ポジティブのほうがよいのは間違いありません。

しかしポジティブというのは単純に自分の状態が現れているだけで、ネガティブな状態を無理にポジティブにというわけではありません。

ポジティブかネガティブか自分の状態を常にチェックしていれば、ポジティブの状態がよいと気付きます。

この気付きが意識付けとなりのちに大きな変化をもたらすきっかけとなります。

その4:話す時間帯を選ぶ

こちらは直接的に人生を変える言葉づかいというわけではありませんが、言葉を用いるときに意識したい時間帯です

結論から言えば、午前中、早朝がベストです。脳は朝に最も集中力が高く、活性化しています。

もっと言えば、ポジティブになりやすい時間帯です。もし言葉づかいに詰まったら考えずいったん放置して翌朝また見直してみましょう。

クリエイティブでポジティブな言葉が浮かんでくるはずです。

その5:相手の感情にうったえる言葉選び

人生を変える言葉いとは相手の感情にうったえかける言葉づかいでもあります。

感情は言葉にそれをイメージする背景をもたらし、その人に印象づけやすくなります。

そのため、相手がイメージしやすいように言葉の背景の青写真を描き、そこにある感情をあわせて伝えることができれば

あなたは人生を変える言葉づかいのマスターといえるでしょう。言葉から情景が浮かぶような抑揚のあるパンチのある言葉、という感覚です。

それには伝える側が単に言葉だけでなくそこにある背景までを豊かに表現することにより相手に伝えたいことが届きやすくなります。

質問者:皆さんの出身地をおしえてださい

Aさん「私は◯◯村の出身です。よろしくお願いします。」

Bさん「私は海が綺麗で自然豊かな◯◯村の出身です。」

ちょっと加えるだけで、言葉に背景が浮かぶ言葉づかいを意識しましょう。

その6:表情は豊かに

いつも無表情、表情を変えずに話していませんか?

人生を変える言葉づかいを考えたときに、言葉と表情はセットでするのがよいです。

表情を使うには脳の力が必要です。逆に言えば表情を使わないということは頭の優秀な機能を使っていないということになります。

  • いつもニコニコしている人は人から好かれる傾向にある
  • 広角が下がっていると不満、怒っていると思われ、グッと上がっていると満足、笑っているという印象を与える
  • 表情を動かない人は頑固、冷たい印象を与え、動く人は豊かさ、アクティブ、暖かい印象を与えることができる

どんな表情を使うかはケースバイケースですが、動かそうとしなければ表情は無になります。

人間にこそ備わっている脳のたいへん優秀な機能をどんどん使って表情を動かし豊かな言葉づかいのため活用しましょう。

表情筋を動かしていると顔も引き締まりスッキリした印象を与えることもできます。

最後の言葉づかいの極意「その7:ゆっくり話す」については別ブログにて書かせていただきます。

気になる方はこちらの別ブログの記事もあわせてお読みください。

それでは、今日はこのへんで。

最後までお読みいただきありがとうございました。



人気記事心理カウンセラーとして独立するなら知っておきたい3つのこと