努力を楽しむ方法とは。努力にともなうストレスマネジメント

心理学

こんにちは。心理カウンセラー、クリスタルボウル奏者の大内です。

高田馬場駅前サロンを運営、14年目となります。

こちらのブログは、心理学関連の記事が中心となっています。

それと他にもう1つ、クリスタルボウルという楽器の癒し関連記事中心のブログ(高田馬場駅前サロン)との2本立てで、

生活、人生に役立つ、有益な記事となるよう毎日、記事を更新中です。

努力って、辛いものですか?楽しいものですか?

私は本来、辛いものだと思っています。

前置きとして、本記事は努力には結果なんて関係ないという方むけの記事ではありません。

そもそも努力とはなにか。なんのために努力をするのか。

努力とは、何かに向かってひたむきに頑張ることだと思います。

そのため努力と結果は因果関係にあります。

努力って結果があるの?もしそれがないとしたら何のために、努力をしているのでしょうか。

結果がなければ、それは努力とはよべないのではないかと思います。

あなたは何のために努力しているの?と聞かれてすぐこのためだよと明確に答えられるようにしたいものです。

さて、あなたは何のために努力をしていますか?

あるカブトムシおじさんの話。

「あなたはなぜ今でもずっと活躍できているのですか?」

『あのね語れることないの、いつも同じことしてるだけ

でね、みんな辞めてくからさ。俺だけ残っているの』

人が望む成長意欲が努力を産み出す

努力を楽しむ
努力なんて辛いことはそもそも、しなければいいのではないのではと思います。

辛いと思うことは、やらないほうがよいです。

しかし目標とするものが出来てしまったばかりに、私たちはそんな困難とおもえる道へうっかり飛び込もうとします。

といいますかうっかり、もう飛び込んでしまっていたりします。

夢だったり目標だったり何かに向かおうとすることは人生において素晴らしいことだと思います。

しかしすぐに気づきます、夢や目標に向かおうという自分になれたことは喜ばしいものの

それを現実化させるには努力というものが必要みたいだということです。

なぜ必要なのかというと、そもそも夢や目標には最初から努力するということがもれなくセットでついているからなのです。

あれ?私たちは辛い努力をしたかったの?辛い道が好きなの?ということになります。

人は常に成長しようとする生き物です。何かを乗り越えてこそ喜びを感じる生き物。

そのため1つ先の自分を常に探しています。その1つ先の自分が見つかったとき、努力とよべるものが待ち受けている。

あれ。努力ってしたかったのかな?まあいいや、よし。努力して1つ先の自分と会いにいくぞとなります。

いかなければいいのに、あえて辛い道を選択してしまう、人の持つ特性なのですね。



努力を楽しむには努力に伴うストレスをいかに減らせるかが鍵

よくある相談に、何をやっても努力が続ないんですというものがあります。

それって、すごく自然なことなんですよね。

しかし努力できない自分をだめだと勘違いしている人が多いということが問題になっています。

努力が続かない、こんな自分ってだめでしょう?いや、全くだめではないのですね。

そうか、続かないってことはだめなことではないんだ。そこから、全てが始まります。

努力が続いているっていうことは、すごいことではないんです。

結果を出したことがすごいことなんです。

しかし結果には努力がついてくるから、イメージとして努力もすごいものに見えてくる。

努力とは単なるルーティン作業の積み重ねなので、ワーともイエーイともワクワクもドキドキもしないもの。

ものすごく単調なので飽きてくるのが当然なんですね。ただ、それだけのことなのです。

飽きれば次第にやめたくなってきて、やめたときが終着点となります。

いかに、やりたくない、飽きたという気持ちをコントロールすることが大切かが分かります。

コントロールといいますか、そういう気持ちが上がりずらくすれば良いわけで

そういう気持ちが何で上がってくるのかを突きとめて、それを減らすことが努力継続の鍵となります。

たとえば、毎日夜ブログを書くのが飽きたという気持ちが出てきたら、朝に変えてみるとか。

嫌だとストレスを感じたらその方法をやめていろいろ変えながら

なんとか飽きずに「歩き続ける」ことができる方法を自分なりにみつけていきます。

結果を感じていれば努力も楽しむことができる

努力を楽しむ

努力に伴う結果を努力をする前に、用意しておきましょう

努力が報われるという言葉がありますが、自分にとっての「報われる」とは何なのかということですね。

やりたいことが見つかったらその勢いですぐ走り出してしまうのではなく、いったんおちついてゆっくりと考えましょう。

努力は続けている最中が辛くなるのであって、努力し始めというのは辛いのではなく、きっとワクワクしていると思います。

努力が報われる、結果を「感じている」からなのです。

その「結果」をしっかりと具体的なイメージとする作業を「努力する前」にしているかいないかでは継続や結果に大きく影響がでてきます。

努力した結果が明確になっていれば、努力もしやすくなりますし結果も出やすくなります。

そして努力を続けた先に待ち受ける苦難を乗り越えやすくもなります。

ぜひ努力をし始める前にどんな結果が出るのかを慌てずしっかりと時間をかけて明確にしておきましょう。

結果を強く感じ続ける「心」が、努力を辛いものから楽しいものに変えてくれるはずです。

最後に、心理カウンセラーと同じく14年間やっているクリスタルボウルセラピストの観点からだと

このテーマはどのような深み、広がりとなるのか?気になる方はこちらの別ブログの記事もあわせてお読みください。

それでは、今日はこのへんで。

最後までお読みいただきありがとうございました。



人気記事心理カウンセラーとして独立するなら知っておきたい3つのこと