【簡単】人付き合いが苦手な人が克服するための原因と解決法とは

人間関係 心理学

こんにちは。心理カウンセラー、クリスタルボウル奏者の大内です。 

高田馬場駅前サロンを運営、14年目となります。 


心理カウンセラーとして生活、経営者としても活動しています。


こちらのブログは、心理学関連の記事が中心となっていて他に、クリスタルボウルという楽器の記事中心のブログ(高田馬場駅前サロン)との2本立てで、



生活、人生に役立つ、有益な記事となるよう毎日、記事を更新中です。

今まで沢山の悩み相談を受け解決。長年コツコツ続けてきました。

基本的には私が最も自身があり得意としているスタイルで

今ブログをお読みくださっている悩んでいる方を解決に導けていると感じるリアルな場面(心理カウンセリング形式)を想定しながらアツいエネルギーで書いていけたらと思っています。

悩んでいる人のために少しでも、お役に立つことができましたら嬉しく、幸いです。

今日は、人付き合いが苦手な人むけの記事になります。

先のことを憂うより

今をできるだけ、悔いなく楽しく生きる

人付き合いが苦手な人の原因は自分のなかにある

人付き合いが苦手な人が克服

人付き合いが苦手をとりあえず克服すると人生は得をすることばかり

人付き合いが苦手という人は結果的に何が起きるかというと人付き合いをとおして自分が、疲れてしまうのだと思います。

人付き合いが苦手な人は苦手な原因を相手に求めがちですが、実は自分の心、内側に原因があります。

では、どうしたら苦手なものが改善されるのか?そもそも、改善したいと思っていない人も多いので、

この先を読まれる方は、人付き合いがうまくいったらいいなと思う人だと思います。

私も以前は人付き合いがうまくいっていませんでした。いまもたいしてうまくいっているわけではないのですが、

自分を変えることで人付き合いは以前よりはグッとラクになりました。

人付き合いが苦手なのを克服するということは結局、自分がラクになることなんだなと思います。

いま思えば人付き合いが苦手で得なことはなく損だったなと思います。

考え方といいますか、コツさえあれば苦手意識は克服できます。かんたんです。

人生をもっと、ラクに生きてみませんか?


参考図書⬆️人付き合いが苦手な人むけのバイブル本⬆️

人付き合いが苦手?それって思い込みかも?原因、きっかけを探る

人付き合いが苦手な人が克服

人付き合いが苦手な人は自分が苦手であると思い込んでいる場合がある

人付き合いが苦手な原因?え?苦手だからでしょ。。そう思われるかもしれないのですが。

いつから、人付き合いが苦手になったのでしょうか?もしあれば、苦手でなかった時期はありましたか?

まれに覚えていないという人もいるのですが意外と、覚えているものです。

人付き合いが苦手となったタネ(はじまり)、あらためて気がつくだけでも人付き合いが苦手なのを克服できる大きなきっかけとなります。

もしあなたが最初から苦手ではなかったとしたら、得意だった時期があったとしたら、人付き合いが苦手というのを必ず克服できます。

人付き合いが苦手でなかった(得意な)頃のイメージを強めること。

1つは自分が得意だったときの頃を思い出し、そのイメージを高めていくことです。

どんな自分で、何をしていて、まわりに誰が側にいて、そんな自分はどんな気持ちで毎日を過ごしていたのか。

すると少しずつ、人付き合いが苦手な自分でいることが無駄だなと感じてくるきっかけになることがあります。

人付き合いが苦手になった当時をおもいかえすイメージをすると。。

  • 考えたこともなかったけれど何で苦手になったんだろう?と思い返すきっかけになります
  • 人付き合いが苦手でなかったとき、なんてあったんだ。。と思い返すきっかけになります

過去にも「感情」がある、感情を強めることが解決の近道

過去のイメージのなかには「感情」も含まれています。

人付き合いが得意なのか、苦手なのか、いずれか感情が強いほうを現実化させようと心は身体に、働きかけようとしています。

これを思い込みの、メカニズムといいます。感情は追い風のようなもので、そちらに行ってみようかなという意欲となり現実の選択や行動に結びつきやすくなります。

ハイアーマインドの意識で生きること

ロウマインド(低次の意識)を現実化させるのか、ハイアーマインド(高次の意識)を現実化、させるのか。

人は、選ぶことができます。ご存知のとおり、ロウマインドで生きることも可能です。

人付き合いが苦手な自分が得意?なのか、人付き合いが得意なほうが好きなのかといったようなものでしかありません。

人付き合いをしているほうがたいへん、難しそう。。という思い込みも捨ててしましましょう。どちらも、同じようなものです。

苦手なほうが得意だと思うのは過去の体験にたいする思い込みやまやかしでしかなく、人付き合いが得意だったころ、自分にとっての真実を思い出し強めましょう。

自分がしたいほうへ自由に、簡単に、いつでもスイッチは変えることができます。鍛錬、修行、年数必要はありません。

あなたが決めたほうを心は認識し現実化させようと働きかけます。

これは一つのきっかけでしかありませんが、やってみようかな?と思う人はぜひ、お試しください。

どちらを選ぶかだけです。思い込みを捨てて人付き合いは得意を選んだほうがいろいろ広がりもあり疲れることもなく、きっとお得ですよ。

過去得意だった頃を思い出し、そのイメージ、感情を強めることが鍵となります。感情を活用して自分に有利となるほうを選択、現実化しましょう。

それでは、今日はこのへんで。
最後までお読みいただきありがとうございました。



人気記事心理カウンセラーとして独立するなら知っておきたい3つのこと