クリエイティブタスクを朝にまわすことで生活や人生を豊かにする方法

ブログ初心者講座 健康

こんにちは。心理カウンセラー、クリスタルボウル奏者の大内です。 
高田馬場駅前サロンを運営、14年目となります。 


心理カウンセラーとして生活、経営者としても活動しています。


こちらのブログは、心理学関連の記事が中心となっていて他に、クリスタルボウルという楽器の記事中心のブログ(高田馬場駅前サロン)との2本立てで、

生活、人生に役立つ、有益な記事となるよう毎日、記事を更新中です。

毎日のブログ生産、だらだら1日がかりでしたが

最近は朝の3時間ほどで済むように

慣れってすごい

クリエイティブタスクをする順番を変えるだけで効率がよくなる

クリエイティブタスク
今朝も5時に起きて本記事を書いています。

以前の私は夜なのか朝なのか?3時くらいまで眠い目をこすりながら意地でも起きていて、記事を書いていました。

朝は7時に起きて朝ごはんを食べ、日中はサロンワーク、講座、そして夜間にブログの執筆、そんな毎日の過ごし方でした。

なぜか効率がわるい、生産性にとぼしいと感じる毎日でしたが、私の場合は朝早く起きるだけでこの悩みはいまは改善しています。

毎日のブログ執筆がつらい、続かないという方も多いのと思うのですが、執筆を朝にまわすだけで楽になるかもしれません。

私のルーティンワークのなかでブログ執筆と他のタスクのなかではジャンルが異なるというのが心理的な裏付けとして存在しています。

サロンワークや講座のジャンルは、私にとっては無意識で力を発揮できるタスク、無意識というのは与えられたものにたいして勝手に身体が動くもの、つまり受動的なものになります。

日中のタスクが受動的なもの、これやっておいてというものに溢れてくると、毎日がワクワクしなかったり、満足感、充実感、成長している感覚がなくなります。

私にとってのブログ執筆は作業はつらいですがそれ以上にワクワクできて、達成感、生産性の向上、スキルや人間的成長を感じられるものです。

これらをクリエイティブなタスクとよびます。クリエイティブなタスクは、簡単に言えば考える必要があるもの、発想、思考、イメージにより今までの自分になかった新しいものを産み出す行動です。

これらはときにつらいこともあるかもしれませんが私たちの日常に色を添えてくれるワクワク、楽しくなるものです。

カウンセラー、セラピストとして駆け出しの頃はワクワク、楽しいが口癖で、そういうものに溢れた日常でした。皆さんも新しい学びを経験したりまだ知らぬ、見ぬものに出会ったときワクワクした経験はありませんか?

いつものこと無意識なことだけでなく、クリエイティブなもの、クリエイティブなタスクが日常生活に増えれば日常は自然とよい、充実していると感じるようになってきます。

クリエイティブな作業は集中力の高まる朝にまわすとベター

クリエイティブタスク
クリエイティブなことをするのに適している時間というものがあって、結論としては朝がよいということになります。

それは分かっているけどつらい。。普段の仕事がたいへんだから朝は寝ていたい、出来ない。。私も以前はそうだったので気持ちが分かる気がしますが

そのような理由で朝の時間を有効に使わないでおくのは、かなりもったいないかなと今は思えます。早起きは最初こそつらいと思いますが次第に慣れてきます。

今は朝早く起きないと気持ちがわるいです。もし朝早く起きれなかたらもったいない。。という気持ちになると思います。

日常の仕事、作業も大切ですが、こちらがメインにするのではなく、自分を表現したり、新しいものを産み出す数分、数時間を日常、人生のメインとしましょう。

自然な産物としてさらにワクワク、楽しいがついてきますよ。

人間は朝に集中力が最も高く、夜にかけて低くなってきます。この集中力の低いときに新しいものを産み出そうとしても難しそうですよね。

クリエイティブなものを産み出すには短時間の爆発的な集中力が必要で朝がむいているということになります。

いつまで朝なのか、ひとそれぞれだと思いますが私は朝ごはんを食べるまでと思っています。

朝ごはんを食べると血液が脳から胃腸にまわっていくからです。なので朝ごはんを食べるまでが勝負と思い1日のなかで最も集中力のある環境のなかクリエイティブなタスクを毎日楽しめています。

私が実際に毎日実践していて皆さんにもぜひおすすめしたいのが、朝活です。

睡眠はあらゆるものをリセットさせてくれる最強の時間

クリエイティブタスク
夜遅くなると早く寝ないといけないとう焦り罪悪感のようなものが誰に言われているわけでもなく意外と出てくるものですよね。

私たちは子供の頃、早く寝なさいと言われてきたと思うので日本文化的なものが大きいと思います。

悩んでいるときは寝るのが1番。寝て忘れるという言葉を聞いたこともあると思いますし、実際に体験していることもあると思います。

カゼなどの病気にかかったときも結局は、寝るのが1番。寝て起きたら回復したという経験もあると思います。

余談ですみません、私の好きなドラゴンクエストのゲームでも主人公の体力がいくら削られていても宿屋で一晩休めば全回復です。

とにかく睡眠の回復力はすごいですね。心身ともにリセットされます。

過去の私は寝る時間は無駄な時間だと思っていました。できるだけ遅くまで起きて努力を積み重ねようと思い眠いのをこらえながら起きていました。

日中が忙しかったので、夜やるしかない、やればいいという思考しかなかったのです。やりたいことが後にまわっているとそれがやはり気になっていて今目の前のことを楽しめなくもなってきます。

それから、悩んでいるときはだいたい夜が多いですね。

夜は気が重くなりがちです。たとえばメールのやりとりなどで気分が重くなり、それにたいして弁解や反抗しようと重い気分で長文メールを作った経験はありませんか?

これは何も、いいことがありません。一晩寝て、朝起きたらなんであんなに悩んでいたんだろう?になることもあると思います。気が重い気が乗らないタスクは夜頑張ってやるのでなく朝にまわしてしまいましょう。

最後に、できればただ寝るだけでなく良質な睡眠をとりたいですね。

それには寝る前の行動が大切です。とくに部屋の照明をおとすことが寝る準備に入るため特に重要ですので意識しましょう。

良質な睡眠をとるという意味ででクリスタルボウルもおすすめです。
クリスタルボウルを聴いて不眠が解消されたという例は沢山あり、おすすめです。

不眠で悩んでおられる方むけの記事もありますので、よろしければご参照ください。

あらゆるものをリセットさせてくれる睡眠、最強の時間ですね。

それでは、今日はこのへんで。
最後までお読みいただきありがとうございました。



人気記事心理カウンセラーとして独立するなら知っておきたい3つのこと