察するとは自分の身を守るためでなく相手を思いやるための意識

人間関係 仕事の問題 心理学

こんにちは。心理カウンセラー、クリスタルボウル奏者の大内です。 
高田馬場駅前サロンを運営、14年目となります。 


心理カウンセラーとして生活、経営者としても活動しています。


こちらのブログは、心理学関連の記事が中心となっていて他に、クリスタルボウルという楽器の記事中心のブログ(高田馬場駅前サロン)との2本立てで、
 

生活、人生に役立つ、有益な記事となるよう毎日、記事を更新中です。

おはようございます

助け合い、優しくし合い

褒め合い、笑い合う。

すると、いろいろ変わってくる

察するとは、空気をよむとの対比で理解する

察するとは?空気をよむとは?

今日は察する、についてです。

察するというと、空気を読むなどに近いのかな?と思っている人も多いのではと思います。

空気を読むは、まわりの状況や状態をみて、それに発言や行動をならって合わせるようなものですね。

察するも空気をよむも相手や周りの行動とその下にある目に見えない気持ちや心情をとらえるということで共通しています。

空気をよむと、察するを行動別に解説すると

空気をよむは、受動的な行為

空気をよむは同調意識、つまり相手に合わせることで周りのペースを乱さないというような、受動的な行為です

察するは、能動的な行為

察するは相手がなにをしたいのかを先読みして、相手がしたいと思い考える前にこちら側が行動して相手に与える行為です

ここで生まれる行動の違いは。能動的に未来を予測する行動があるかないかということ。

コミュニケーションによる相手へのストレス具合の違いも発生しますが、生まれる結果としては、相手に与えられるものがあるか否かということが大きな違いがあります。

察するとは脳を動かす行為

察するとは

人は察することをしなくなると頭を使わなくなる

人は常に察することで、頭をめまぐるしいくらいに動かすことになります。慣れていない人がすると疲れるかもしれません。

人間は、といいますか人間こそが頭を使う、頭を使える生き物ですが、これを使わないのは非常にもったいないことです。

頭を使わないとどういうことが起きるのかというと、脳が使われない、退化していくということまで意味しています。

脳の力はものすごい力があるのですがそれでも、人は生きているうちにほとんど脳を使われないともいわれています。

宝のもちぐされというか、人として産まれて皆が等しくものすごい力を持っているのに使わないのはもったいないということなのです。

発明や偉大といわれる結果を産み出す力があったのは全て脳があったからで、それは偉人だけが備わっていた才能というより人間にあるものをフルに活かしたということが大きいと思います。

もし自分が普通だと思っていたり、自分にはこれしかできないと思う人がいたら、あまり脳を使っていないのかもしれません。

何か特別なことをする必要はなく、これからは察する意識をとおして脳の偉大なパワーをフルに使うことで人があまりしていないといわれる人の特別な力を使っていきましょう。

察するとは、具体的な行動と考えられる結果を考えてみる

察するとは

察することで人間関係においてより良好な関係を築くことができる

空気をよんで相手に合わせても自分の個性は消えるだけ、自分がしたいことは何か自分とはなんなのか分からなくなりますのでやめたほうがよいです。

察するとは、脳をフルに使ってする未来予測の行動です

つまり相手がしたいことを先回りしてやっておいてあげることに近いです

察するをしないとは、単にいま目の前に与えられていることをしているだけの状態です。

つまり人間でなくても機械がやってもそう変わらないもの、というか機械がやったほうが早い仕事などの内容になります。

AI(人工知能)で人の仕事がなくなるともいわれていますが、AIに仕事を奪われるというより、人間が脳を使わなくなると過去の作業の流れからやることを予測して機械にやってもらったほうが楽で早いということです。

いろいろなことが便利になりすぎて人が脳を使わなくなくてもよい結果産まれてきた産物と思います。

対人関係においてやってほしいものを言われるまで黙ってすごすのではなく、常に能動的に何が「与えられるか」をいつもワクワクしながら脳をフルに動かして過ごすというのが察することをしている人の産物です。

相手が何をしてほしいかを察するということは、相手にいつも何かプレゼントをしてあげたいと心から思い、準備をし、どんなプレゼントがあげられるだろうかと毎日ワクワクと過ごしているサイクルです。

私たちは機械から与えられるよりは、家族とか友達とか近い人から、その人が喜ぶだろうと察して与えられていたほうが嬉しいと思う心を持っているのです。

察するとは、先回りしたおもてなし。私たちの思いやりのやりとりであったり、繋がりを産むための架け橋なのです。

それでは、今日はこのへんで。
最後までお読みいただきありがとうございました。

ヒューマンアカデミー プログラミング講座

人気記事心理カウンセラーとして独立するなら知っておきたい3つのこと