継続できない人が継続できるようになる、たった2つの処方箋

仕事の問題 心理学 独立

こんにちは。心理カウンセラー、クリスタルボウル奏者の大内です。 
高田馬場駅前サロンを運営、14年目となります。 


心理カウンセラーとして生活、経営者としても活動しています。


こちらのブログは、心理学関連の記事が中心となっていて他に、
クリスタルボウルという楽器の記事中心のブログ(高田馬場駅前サロン)との2本立てで、

生活、人生に役立つ、有益な記事となるよう毎日、記事を更新中です。

本日は継続できなくて悩んでいる人に、処方箋を出したいと思います。なにをやっても継続できない、結構つらいと思います。

何かを成功させるには継続が必要ということは誰も分かっていることと思います。ただその継続がなかなかどうして、難しいものです。

継続できるかどうかのターニングポイントは以下、2パターンのモデルケースが考えられます。

すでに興味がなく飽きている

興味がないわけではないが継続のペースがランダムである

興味がなく飽きている状態の人は、頑張って継続しようとしているのを早めに見切りをつけ卒業し、次の興味が出てくるを見つける旅に早めに出たほうがいいと思っています。理由はモチベーションの問題なのですが、通常一度下がったものを頑張って上げるのは至難の技だからです。

それは決して、負けたことであったり悪いことでもありません。流れに逆らわず気軽に次々へいったほうが人生本当に継続できるものに出逢うことができます。

また、興味があるものに出逢うためには自分から出かける以外に方法がありません。ただ動かずじっと待っているだけでは興味、関心が湧くような人生の素敵な体験には出逢うことはありません。

次に、興味がないわけではないが継続のペースがランダムのケースでは本記事で解説している継続の仕方をこれから上手に考えていく必要があると思います。できれば、継続できないよりは出来たほうが良いはずです。

継続の仕方が適切でない、間違っていると継続はしにくくなり、継続できなくなるとモチベーションが下がるというのが人間心理というものです。

継続の仕方を学ぶ、ということはいわゆる自己管理、セルフコントロールの仕方を学ぶということに尽きます。

ブログ執筆に欠かせないアイテムAirPods
いつもの音楽が身体を動かしてくれる

#今日の積み上げ
ブログ1本
緑茶のむ

なるほど緑茶の効果
・2杯→認知症の予防
・5杯→脳梗塞の危険が低下
・7杯→糖尿病が改善
飲み過ぎは✖︎

継続への処方箋その1

継続の処方箋

継続なんてそもそも不可能、くらいに思ったほうがベター

前提として人が努力に対して大変弱い生き物だということを認識、受け入れていることが大切です。できれば楽しく続けることができればいいわけですが、いつ実るか分からない努力をひたすら続けるなんてそもそも不可能なことと一旦受け入れるくらいでOKと思います。

そんなことはない、努力の過程も大切なんだと考えている人はそれでもよいと思います。努力そのもの、または結果よりその過程にある努力のほうが好きな人もいると思います。

私は努力は最小限でほしい結果がどんどん出たほうがよいと考えるタイプです。ただいつ結果が出るかは誰にもよめないため努力の必要性は受け入れています。

努力することが苦痛であれば、いかに努力をすることに伴う精神的苦痛を取り払う心理を自分なりに探求し、努力することが苦でなく継続ができている状態を自分の心のなかにシステムとして構築できれば人生はうまくいきます。

また、継続できないことで落ち込む人もいるようですが、それでダメージを受けてしまうのは大変、もったいないことです。そもそも、人が継続できないことのほうが自然、当たり前なので、万人に当たり前のことをわざわざ嘆く必要はないのではないかなと思います。立ち止まってしまったらすぐ切り換えて先に、進むのが吉です。

継続への処方箋その2

継続の処方箋

決めたらそれ以外やらない、1年スパンで定期的に予定を入れてしまうこと(強いコミット力)

何をやっても自由なのであれば、あれもこれもとやりたくなってしまうのがやはり人間の自然な心理と思います。いまなんだか不自由だと感じている人がいればそれは間違いで、私たちには本来完全に自由が与えられているということを思い出してください。

歴史を紐解いてみれば過去は不自由でした、しかし今は違います。法の下であれば人に迷惑をかけなければ、人目など気にせず何をしても自由です。

そんな自由のなかではやはり弱い人間、いろいろ余計な考えや迷いがでてきて当然です。やっているうちにこれでいいのだろうか?間違ってはいないだろうか?心配、不安がよぎるものです。

私は今でこそサロンを持っていますが、以前はとある会場を借りて10年ほど毎月欠かさず、クリスタルボウルという楽器のイベントを開催していました。

万一たった1回でも、休んでしまっていたら未だにこれを仕事としていなかったと確信しています。

心理を活かしてよりよい人生を送るためのコツとしてコミットすることということがあります。コミット、つまりいったん決めたらそれ以外やらないくらいの勢いで集中して望むということです。このコミット力が驚くくらいの継続力に力を添えてくれます。私は自らが体験、実感するまで、この力を使っていませんでした。すぐ余計な考えをしてしまうからです。

個人レベルで言えばあれもこれもとあちこち手をかけている人と、1点集中でこれだけ、だと思っている人ではどちらが強いかということなのです。圧倒的に、これしかないという人のほうが強いのです。

私はクリスタルボウル以外の一切を捨てることで人生が一気に加速していくのを感じることができました。1年のスケジュールは1月ごとに演奏会だけ必ず入っていたのです。ただ、それだけでした。

私はよくどうして継続できたのですか?と聞かれます。私はこう答えます、私は人一倍継続することが苦手です。だからこそ、どうやったら継続できるかには大変興味があって日々トライ&エラーで探求しています。

何百もの失敗のなかであれ?これは上手くいったぞと感じたのがたまたま、クリスタルボウル演奏会だったということで、やったこととすれば1年間のスケジュールを今決めているということだけでした。

それまでは1〜2ヶ月先のスケジュールくらいしかうまっておらず1年先のことなんて決められなかったのです。

この方法が全ての方に当てはまるかは分かりませんが自分なりにかなり自信を持っています。人間心理の迷いを先に消し去ってしまう方法だからです。決めたらとりあえず1年やっていると決めてしまっている状態を作リ上げるコミット力。
皆さんのトライの1つの方法としてご紹介の機会となりましたら幸いです。

それでは、今日はこのへんで。
最後までお読みいただきありがとうございました。

高田馬場サロンでの心理カウンセリング←こちらからご予約いただけます



人気記事心理カウンセラーとして独立するなら知っておきたい3つのこと