不安を解決する方法はクリスタルボウルを輸入することによって学べた

クリスタルボウル講座 心理学

こんにちは。心理カウンセラー、クリスタルボウル奏者の大内です。

高田馬場駅前サロンを運営、14年目となります。 

クリスタルボウルという楽器の輸入もしています輸入というとなんだか難しいイメージがある方もいるかもしれませんが、外国にあるお店から商品を買うというだけなので理論上は簡単なことです。

しかしながら輸入を始めたての当初は、

  • 未経験(やったことない)なので不安
  • 税金、法律などの知識がない
  • 届くかどうか不安
  • 英語が話せない

などの問題がありましたがお客さんに自分の手でクリスタルボウルを輸入、お届けしたいという夢がありました。

【不安の解消法】
不安が全然ない人と一緒にいること。

【不安が増す?方法】
不安まみれの人と一緒にいること。

【いつも一緒にいる人】が変わると、
人生も大きく変化すると思います。

不安は将来、怪我をするかもしれないということにより発生するもの

当初、不安要素は沢山抱えていました。クリスタルボウルの輸入に限らず、他のことに関しても新しいことを始めようとするときには同じような不安がよぎり、少したって自分がしたいことは結局何もやれていないという現実があることにも気づきます。

初めてのことは分からないことだらけ、不安が出てくることのほうがが自然なことだと思います。世の中には初めてのことにどんどん飛び込んでいく人と、不安から何もしない人に大きく別れます。

初めてのことにどんどん飛び込んでいく人とそうでない人の違いとしてはいろいろあると思いますが、特徴をシンプルにすると。。

<初めてのことにどんどん飛び込んでいく人>
メリット
・新しいものに出逢える

デメリット
・たまに怪我する

<初めてのことに飛び込まない人>
メリット
・安全

デメリット
・何も起きない

皆さんはどちらのタイプでしょうか?また、どちらのタイプが理想でしょうか?飛び込まない人は怪我をすることが心配で行動に結びつかないタイプですが、そもそも怪我をするということがどんなことなのかをみていきたいと思います。

私のクリスタルボウルの輸入の例でいえば、「不安」の部分ろなります。実際いま怪我をしているわけではないですし、将来怪我をすることも分からないのですが、将来怪我するかもしれないという気持ちが、不安の正体です。

不安を解消する方法は誰も教えてくれない、自分で実際にやってみて自分だけの法則性を発見していく

不安の解決法
怪我、つまりリスクを理解することはとても大切なことです。

  • 未経験(やったことない)なので不安
  • 税金、法律などの知識がない
  • 届くかどうか不安
  • 英語が話せない

それぞれを具体的にどう解決したかを振りかえってみていきたいと思います。
税金や法律などの知識については商工会の相談相談会に参加して聞くことができました。

届くかどうか不安というのは実は最も気を揉んだポイントでした。いつ届くか分からないというのはすごいストレスでした。日本でしたらアマゾンで注文すれば翌日届くのに、輸入となるといつ届くか分からないので輸入元とお客さんとの間で板挟み状態でした。

ようはお客さんにいつ届くと伝えられなかったり、お客さんに早く届けないと悪いという思いが強かったので苦しかったです。でもお客さんは意外とのんびりみてくださっていて、いつでも大丈夫ですとおっしゃっていただけていたのがせめてもの救いでした。

ですが、さらに追い討ちをかけるように届いても壊れていたりして、これを輸入元に英語でどう伝えたらいいか、代金は支払っているのに2重払いのような感じになったりと大変でした。

それらも全てやっていくにつれ、次回の注文からは予めお客さんには何ヶ月もかかると伝えることでお客さんにたいする気持ちも楽になりましたし、輸入元へ何度も促すこともなくなりお互いがよりよい関係を築くことにつながりました。

他は知らないけど、経験からうちはこういうやり方ですと最初に説明するスタイルですね。

英語が話せない、というのはメールでのやりとりのなかで極端な話YESかNO、数字と商品名だけでだいたい伝わるものだなとやってみて知りました。

様々な不安は、その解決法を誰に教わるわけでもなく自分の経験で大変ななかでも自分で解決していくものなのだなと知りました。

不安で動かなくなるより、やりたいことが見つかったらとりあえず走り出してみましょう。

未知のものを実現化させるには、既にそれを手にしている人に近くだけでOKです

不安の解決法
クリスタルボウルを輸入してみたいという想いが現実的な行動となる元々のきっかけは、クリスタルボウルを実際に輸入している人に近づくというものでした。

でなければそもそも、クリスタルボウルを輸入できるかもという発想にならなかったと思います。「この人ができるんだから自分にも、できそう」という感覚が自分の後押しとなり、すでにクリスタルボウルを輸入している人に近づいて有益な情報をゲットするというよりも、、

これなら自分もできるぞ!という感覚が大きくなり、クリスタルボウルを輸入しているイメージが100%となれたのは行動に繋がる非常に大きな要因だったと確信しています。

自分が何かに挑戦してみたいと考えたときにはそれをすでに達成したり、実行、成功している人に近づくだけで自分のなかに成功するイメージは強くなると思います。

一人だけでもんものと勉強したり調べたりして不安を解消しようとするより、既に成功している人に近づき、成功者のエネルギーを浴びて自分の気を上げるほうがよっぽどいい学びになると思います。

これこそが夢を現実化するための唯一の方法である、闇を消すより、光を強くするという方法なのです。



人気記事心理カウンセラーとして独立するなら知っておきたい3つのこと