心理学の【活かし方】現実は過去から創られるのか、未来から?なのか

心理学

こんにちは。心理カウンセラー、クリスタルボウル奏者の大内です。
高田馬場駅前サロンを運営、14年目となります。

みんな寝ている時間と思いますが今日も
#ブログ書け
ました。とりあえず継続第一ですね。
「寝て待て」という言葉がありますが、
最高のイメージを持っていると必ず形になると思います。
いつか来る転機まで受け取る体勢を整えておくだけ。

今日はすみません、心理学って何?という前書きからお伝えしています。不要な方は読み飛ばしてください。

心理学の活かし方:心理学ってなに?

心理学の活かし方

心を理解していると、人間関係が円滑になったり悩んでいる時間も短くなり人生ドタバタせずにスムーズに進んでいくことができます。そして感情にふりまわされることなく客観的に物事をみることもできます。

以前の私は、努力、根性、我慢こそ美徳と信じ、自分が嫌だと感じることでもいろいろ我慢しながら、嫌われないように人の顔色を見ながら日々頑張って過ごしていたと思います。しかし人生も人間関係も何もかも思った通りに行かない毎日でした。

なぜ日々頑張っていたのかというと、頑張れば結果が出る、努力すればこそうまくいくと信じていたからです。
繰り返しとなりますが、その方法では何1つうまくいくことはありませんでした。

そんな私が出逢うことができたのが心理学でした。心理学こそが、私の人生を劇的に好転させるという革命を起こしてくれました。心理学に出逢っていなければ今の私はなかったと思っています。

独立するという夢、テレビに出る夢、東京に自分のサロンを構えるという夢、、まだまだですがしたいことは様々100%全て現実化することができました。

併せて潜在意識を知ると、より現実化を創りやすくなります。

それでは以下で、心理学を現実化へと活かすための独自の方法をご紹介していきます。

心理学の活かし方:いまある現実は「過去」に支配されているのか、そうでないのか

心理学といってもいろいろなのですが、私が活用している心理学は一般的なものではなくオリジナル性の高いのもので、ちょっと分かりにくいかもしれないのですが一言で表現すると「未来心理学(未来を創る心理学)」と表現できるようなものです。

心理学は基本、「過去の体験」が現実を作ってるという観点がメインとなります。そのためこれを現実に活用するとなると心を分析すれば今の自分が分かり、ストレスを少なくしつつ生きやすくなるというようなものになります。

心を整理すると「今まで失敗してきたパターン」にわざわざひっかかることがなくなります。しかし人の最大の関心ごとは、現実も大切ですが「これからどうなるか?」ではないでしょうか。

人それぞれに心の弱点というものは存在していて、それに引っかかからなくなるだけでも心理学の恩恵は大きいと思いますが、私はそれだけではなんだか満足できませんでした。大ケガしないための回避法だけでなくこれから先の未来を思い通りに作っていくために心理(心のイメージ)を活用するという観点です。

未来のことは誰にも、分かりません。なのでそもそも心理学で扱う部分ではないのですが、過去も昔は、間違いなく現在だったという考え方が1つあるとすると、この先の未来も現在である(間違いなく現実がやってくる)と置き換えることができるはずなのです。

過去も「未来も」、全てはおよそ現在(現実)である、という見方です。

以前の私は「未来には何が起こるか分からない」という全ての考えのもと、◯◯(かなえたいこと)になったらいいな、◯◯(いやなこと)が身にふりかかるのが不安。。
といった妄想や空想。過去からの不安感からくる「ぼやっとしてどうなるか分からないままの心に【現実を支配されていた】」のだと思います。

心理学の活かし方:100パーセントか、それ以外か

心理学の活かし方

妄想、空想、ファンタジー、、全ては現実となることはありません。いわゆる現実化がほしい人からの観点からみると、空想などをしている時間は全く無駄な時間であるといえます。

以前の私は未来を憂いつつも、とにかく現実をがむしゃらに頑張れば、いつかは結果が出るというぼんやりとした現実のなかにいたので何1つとして結果が出なかったのです。

もしも過去3年くらい現実化できていないのなら、この先3年も同じ方法でいけば現実化できる可能性はやはり同じく、ないといえるでしょう。

「とりあえず頑張るという自分が考え出した方法」ではだめだと一旦、受け入れることは必要と思っています。

「未来心理学」では、過去だめだった方法を今後は用いずにという前提のもと、現実化させることだけにコミットします。「1位を目指しているけど2位でもいいかも」のような考え方もありません。

未来心理学では1位(現実化できている自分)になっているという信頼感をまず100%に設定します。もしイメージが99%なら、それは5%の人と何ら変わることなく実現化は不可能といえます。

100%のイメージをどうしても疑ってしまうのであれば、「最初から実行しないほうがよい」と考えます。100%のイメージとなるまではイメージ化に時間を割いて走り出すことなく1歩も動かないほうが得策です。

1%でも心に隙があると、失敗、非現実化が入り込む余地があるからです。

たとえば。。

  • 人からどう思われているかを気になる
  • 自分が手にするのはまだ経験も自信もないと考える
  • 行動を積み重ねている過程でここままでいいのだろうかと考える

などです。確実に現実化できるのは早ければ早いほうがいいはずですが、こういった余地があると、上記のような思考がひょいと入り込み現実化を邪魔をされてしまうのです。

しっかりと現実化できる人は完全に100%未来の世界にすでにたどり着けている人です。すると今、未来の自分からすると今何をしたらいいかが(過去の自分が知っている方法でなく)、未来において達成できている自分だけの方法が見え、使うことができるのです。

100%自分の方法を信頼しきっている人は、進んでいる途中で他人がそのやり方ではだめだと言っても心が折れたり耳を貸すこともありません。ここに途中挫折をクリアにするコツが含まれています。

未来心理学的観点からすると、イメージは100%かそうでないかだけ。あとはとりあえず1歩進んでみる。道筋がクリアな道中は途中一瞬の迷いが出て脱線してしまっても信頼しきっている自分の道へ容易に戻ってくることができるのです。

心理学の活かし方:まとめ

イメージは100%にしてから、現実を楽しみながら、進みましょう。

それでは、今日はこのへんで。
最後までお読みいただきありがとうございました。



人気記事心理カウンセラーとして独立するなら知っておきたい3つのこと