失敗の本質とは?自分で自分の障害を作るシステムにある

心理学

こんにちは、心理カウンセラー、クリスタルボウル奏者の大内です。
高田馬場駅前サロンを運営、14年目になります。

失敗するシステム?これらはどこにあるのか、ずっと外に探していた自分がいました。環境ではないのか、運ではないのか、外に探しても一向にその答えが見つかりません。。でも自分の内側にあるという「意外な」ことに気づくまで30年、結構かかりました。気づくと気づかないでは大きな違いがあると思う

どんな分野でもそうですがゴールを決めたら
最初が最もたいへんだと思っています。

やる前は「これをやってみよう」という気持ちはあるものの、、
いざやり始めると
「このやり方でいいのだろうか」
「これをやって得になるのだろうか」

などの「余計な思考」が頭をよぎり
これが初動においてよく発生する障害になると思います。

たっぷり70分!エステ体験【エルセーヌ】

失敗の本質となるべき障害の正体とは

それでは、この障害は「誰」が「どのよう」にして作っているのでしょうか。
答えは、「自分自身」の「過去」になります。

なぜ、そういう障害が発生するのかというと、
自分の過去の体験において「失敗」「傷ついた体験」があるからですよね。

それらが、
また、失敗するかもしれない
また、傷つくかもしれない。。

などの
「不安」、「恐れ」という感情と結びつき
結果、行動ができなくなるというシステムを人は持っています。

これらは「防衛反応」と呼ばれるもので
また、傷ついたり、怪我をしないようにするために
実は「重要」なものでもあるのですが

それが「強くなりすぎる」と、
不安や恐れの思うままとなり
何も行動が出来なくなるという現実がやってきやすくなります。

どんな状況を表しているのかというと
「自分」の「過去の体験」を繰り返すだけの人生となってしまいます。

「障害」というのはもともと、一切ないのであって
この障害は自分が「気づかぬうちに」勝手に作り出しているということに気づきます

たっぷり70分!エステ体験【エルセーヌ】

失敗の本質は気づいていないシステムを「知る」ことで抜けることができる

というか、このシステムに「気づかない人が多い」と思っています。
ではどうやって、このシステムを抜けることができるのか

それは簡単で
まずは、そういったシステムがあるということを
「知る」ということが重要です。

私たちが親や学校から教わったことというのは
努力したら結果が出るという「現実(目に見える)」を頑張るということがメインでしたが
こういった目に見えないような「知識」はあまり教えてもらえなかったと思います。

不安、恐れ、ストレスのような「目に見えない」ものをどうやって
処理、向き合ったらよいか分からない人が多いなと感じます。

かくゆう私も、そうだったのですが
それを「知る」ことによって人生が劇的に変わったのを覚えています。

心理学の本などを手に取ると、「なんとなく」そういうことが書いてあるのですが
それはなるほどと思っても、自分自身の方法として置き換えないと
どうやっていいか、また、進めていいかが意外と、分からないものです。

自分のことは自分が一番よく分かっているというのは実は大きな罠で、
「自分のことが一番よく分からない」というのが正解です

自分のことがよく分からないからこそ、
人に自分にはどういったパターンがあるのかを

「個別」に分析してもらい、その人だけに合った「個別の」やり方を
心理カウンセラーと共に分析いくことが何より大切です。

たっぷり70分!エステ体験【エルセーヌ】

人気記事心理カウンセラーとして独立するなら知っておきたい3つのこと