仕事のストレスで不眠になっている人たちへ 

仕事の問題

こんにちは、心理カウンセラーの大内です。
高田馬場駅前サロンを運営、13年目になります。

本日は仕事のストレスからくるかもしれない「不眠」について。
こういったご相談は心理カウンセリングの現場でよくあります。

心理カウンセリングの現場でも睡眠障害の方はとても多いです。成功者は「よく寝てよく働く」を皆口にしますので睡眠の大切さは周知のところですが、睡眠障害に悩む人はまだ来ていない不安や恐れからくる「明日のこと」を考えている時間が多い人です。明日のことを考えすぎるのは体に毒、今を楽しむこと

仕事がストレスで不眠になる人の特徴

仕事が終わってもつい仕事のことを考えている

自分がいないと現場がまわらないと思っている

仕事が休めないと思っている

そんな人が多いように見受けられます
当てはまる人は要チェックですね。。

ようは、普段考えることが多い人です。
考えることって、やめられないですよね。

でもそれで眠れなくなると、今度は焦りがでてきます

眠れない

眠りが浅く夜起きてしまう

朝方になってようやく眠くなる

仕事のストレスもそうですが
眠れない、不眠のストレスも大きいです

ではどうして、考えごとをしてしまうのでしょうか?

仕事のストレスで不眠。。その原因は仕事や職場環境にはない

結論からいいますと、考えごとをするクセをなおさないと
それは仕事であっても、環境を変えても全く同じことが起こります

考えごとの大半は、「これからのこと」に「心配」している状況です
心配は、将来起こるかもしれない「不安」や「恐れ」からきています。

確実に言えるのは、
将来まだ来ていないことに、現実が左右されているということ
考え事をしても何も変わらないということ
です。

そのため考え事をするだけ、全く無駄ということになります。
言い方を変えると将来を否定的な方向へ導こうとする考え事は意味がないということです。

そんなことに時間を使うくらいなら、
今を楽しむクセをつけていきましょう。

先のことを憂うクセをやめて
どんな面白いこと、楽しいことが起きるかなと考えていたほうが
より現実は楽しめますし、すると確実に身体の緊張はほぐれてくるものです。

不眠は職場でのストレス意外にも、「自分の思いぐせ」に原因が大きくあることが多いです。
いちど内面の考える癖を変えてみるところから初めてみませんか。

日本初!スマホひとつで最適な高さを計算AI枕「Dr.Layer(ドクターレイヤー)」

不眠にはクリスタルボウルがよい

癒しのクリスタルボウルの心地よい音色を聴くと眠くなるので
これで解決された方も今までとても、多かったです。

なぜ眠くなるのかというとクリスタルボウルは脳波が
リラックスしている状態へ導いてくれるからです。

まずはクリスタルボウルで脳を癒されているリラックス状態にすることはおすすめです。
考える癖を治す方法として、簡単にすぐ出来る方法をご紹介します

まずは、人は考えようとするときどんな格好をしますか?
やや下をむきながら、眉間にシワを寄せるのではないでしょうか。

考え事が少ない人は、下ではなく上を向いていて
眉間がやわらかく穏やかな人です

癖は意識しないと治らないので
まずは簡単にできるところから、意識して変えていきましょう。

これから先のことを考えすぎても、あまりいいことはありません。
どうせなら、ワクワクするような楽しいことで頭をいっぱいにしましょう。

クリスタルボウルヒーリングの受付ページはこちらです

日本初!スマホひとつで最適な高さを計算AI枕「Dr.Layer(ドクターレイヤー)」

人気記事心理カウンセラーとして独立するなら知っておきたい3つのこと